ころちゃん

木工・電子工作・IoT・作ったもの試したものを記事にして投稿してます

南くりこま高原一迫ゆり園

time 公開日:

南くりこま高原一迫ゆり園

一迫ゆり園に行ってみました。ちょうど前日に地元のテレビで紹介されたこともあってか、混んでました。県をまたぐ移動が解禁されている影響もあるのでしょう、県外ナンバーの車も多く見られ、にぎわっていました。

いちはさま 花の街へ

昭和63年、特色のある町づくりをはじめようと、町の若手有志15人が立ち上げた「町おこし会」が勉強会を重ね、栗原市一迫にはヤマユリやその他のユリ科植物が自生していることから、ユリをテーマに本格的に研究を積み、会の名称も「町おこしユリの会」と改め、本格的な活動がスタートしました。

会員も様々な職種であり、その職種なりのノウハウを十分に生かし、平成2年には試験園を開園。平成3年には会員手作りの南くりこま高原・一迫ゆり園が完成しました。いまでは毎年おおくの来園者を迎え、市の観光産業の一翼を担っております。

また、収益金の一部で地域づくり団体や、花をテーマとした町づくりを行う町民への支援事業も行ってきましたが、平成19年からは、観光ボランティアガイド「一迫ふらっと散策お助け人」を立ち上げ、無料でのガイドを行っています。

現在は30,000㎡の園に拡張し、6月中旬から7月下旬までユリ200品種15万球で、訪れた人々の心を和ませてくれます。

出典:宮城・南くりこま高原一迫ゆり園 パンフレットより

早咲きエリアでは上を向いて咲くスカシゆり系、遅咲きエリアでは大輪のオリエンタル系、と別れているようです。ちょうどスカシゆりが満開でした。

遅咲きエリアのゆりは、まだ蕾でした。これから行く人もまだまだ楽しめそうです。

気に入ったゆりは購入することが出来るんです。スタッフに伝えれば掘り起こしてくれます。

途中までマスクつけてて気づかなかったのですが、園全体が花のいい香りが漂っています。

色鮮やかなゆりの花の群生。15万株もあり、イラストで描かれたようなお花畑です。

整備されていないところに一つだけ咲いてました。紅一点!

こちらはカローラだそうです。トヨタさんではありません。

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」って美しい女性を形容することわざ、ゆり園にきて納得です。

  • 2020年度開園期間 6月25日~7月27日
  • 入園料 大人1名 670円
  • 開園時間 8:30~17:00

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


管理人

ころちゃん

木工で日用品を作ったり、懐中電灯を改造したりしてます。まだまだ素人ですがどうぞよろしく。

人気記事



sponsored link

アーカイブ