ころちゃん

木工・電子工作・IoT・作ったもの試したものを記事にして投稿してます

100円ショップのライトをLED化 ~黄色タイプ~

time 公開日:

100円ショップのライトをLED化 ~黄色タイプ~

2007年頃に作った過去作品の紹介です。近くの100円ショップで売ってた、電球型ライトをLED化しました。元は単1電池2本で動作し、ピリケン球のライトでした。リフレクタが大きく、遠くまで光りが届くのが特徴です。

作り方

10mm砲弾型LEDを6個直列に接続し、それを3個並列に接続し、6直3パラ構成とし合計18個のLEDを使いました。電源電圧の3Vでは点灯電圧は得られないために、ブロッキング発振回路を用いた昇圧定電流回路を組みこんでいます。

1LED当たりの電流は定格の20mAにし、3ユニット並列なので、全体では60mA流れる想定です。電流制限抵抗R2は10Ωとしました。

R2算出 0.6V/(0.02A×3ユニット)=10Ω

リフレクタの形に合わせて、丸形に18個のLEDを配置しました。丸形に配置するために、ユニバーサル基板ではなく、透明なプラバンに穴を開けてLEDを取り付けました。

部品全体。黄色いボディなので、スズキのモトクロスステッカーを貼ってみました。

DC-DCコンバーターは、元々電球がついていた部分に取り付けました。接着剤で分解出来ないようにしてしまったため、紹介できるのはここまでです。

点灯

10mm砲弾型LEDのため、指向性が強く、中心が明るいです。遠くまで光りが届きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


管理人

ころちゃん

木工で日用品を作ったり、懐中電灯を改造したりしてます。まだまだ素人ですがどうぞよろしく。

人気記事



sponsored link

アーカイブ