ころちゃん

木工・電子工作・IoT・作ったもの試したものを記事にして投稿してます

ナショナルのライトFF-115CのLED化

time 公開日:

ナショナルのライトFF-115CのLED化

2007年頃に作った過去作品の紹介です。実家にあった、ナショナルの電球型ライトFF-115CをLED化しました。ライトと言うより、懐中電灯という呼び方がしっくりきます。一般家庭の勝手口に吊り下げられてる光景が浮かんできますね。

Panasonicの公式サイトに生産終了とでてました。

発売年は2002年。ブリキのボディーゆえにレトロに見えるので、昭和の製品だと思ってましたが、意外と新しいものでした。

作り方

1WのパワーLEDを利用しました。電源の単1電池2本で点灯させるために、DC-DCコンバータを作りました。ブロッキング発振回路を用いて昇圧させています。リフレクタ部分が外れる構造になっており、キャンドルモードも利用出来ます。

利用したLED

・Lumileds LUXEON  1W

もともと電球がついていた部分を加工し、LEDを放熱板のままとりつけました。昇圧回路のコイルが大きくて、そのままではLEDの放熱板と干渉してしまうため、端っこを切り落としました。

部品全体。

リフレクタの中に、コリメータレンズを入れてスポット照射になるようにしました。リフレクタとレンズはエポキシ系の接着剤で固定しています。

リフレクタの裏側。LEDのちょうどよいところにコリメータレンズがくるように位置調整し、エポキシ系の接着剤で固定しました。

まだナショナルの頃の製品です。JAPANと書いてると嬉しくなります。

点灯

1.8mの距離からカレンダーを照らしてみたところ。パワーLEDだけあって、明るいです。

キャンドルモード。光が全体に広がります。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


管理人

ころちゃん

木工で日用品を作ったり、懐中電灯を改造したりしてます。まだまだ素人ですがどうぞよろしく。

人気記事



sponsored link

アーカイブ