ころちゃん

木工・電子工作・IoT・作ったもの試したものを記事にして投稿してます

ロリポップのエコノミープランでWordPressを動かしてみた

time 更新日:  time 公開日:2017/12/28

ロリポップのエコノミープランでWordPressを動かしてみた

注意

「sqlite-integration」は2019年6月29日に配信停止となっております。下記方法は推奨されません。


ロリポップで提供しているエコノミープランは、月100円という格安で利用できるので、手軽に利用するにはとても良いプランです。が・・・MySQLが利用できないため、WordPressが使えません。WordPressを使うにはMySQLの使えるライトプラン以上になります。

プラン比較表を確認すると、エコノミープランでデータベースSQLiteにチェックがついているのが確認できます。そこでデータベースSQLite Integrationというプラグインを利用して、WordPressを動かしてみました。

手順 概略

  • 必要プログラムのダウンロード
  • db.phpの移動
  • wp-config.phpの修正
  • FTPを利用しアップロード
  • WordPressのインストール

必要プログラムのダウンロード

下記2つのプログラムをダウンロードし任意の場所に解凍します。

WordPress最新版 (2017年12月現在 4.9.1)

SQLite Integration最新版(2017年12月現在 1.8.1)

db.phpの移動

「sqlite-integration.1.8.1.zip」を解凍してできた「sqlite-integration」フォルダ全てを、「wordpress\wp-content\plugins」の中に移動します。

「sqlite-integration」フォルダの「db.php」ファイルを、「wordpress\wp-content」フォルダへ移動します。

wp-config.phpの修正

「wordpress」フォルダの中の「wp-config-sample.php」をTeraPad等のテキストエディタで開きます。

認証用ユニークキーの部分を任意の文字に書き換えます。この際、保存する文字コードはUTF-8N(bomなし)です。

※Windowsのメモ帳での編集は厳禁です(文字コード指定保存ができないため)。

書き換える文字列は以下の部分で、WordPress.org の秘密鍵サービスで自動生成します。

「wp-config-sample.php」→「wp-config.php」にリネームし修正は完了です。

FTPを利用してアップロード

ロリポップのサーバにワードプレスのプログラムをアップロードします。接続には一般的なFTPソフトウェア(FFFTP,WinSCP,FileZilla)を利用します。ユーザー名、パスワードなどのFTP接続情報は、ユーザー専用ページにログイン>ユーザー設定>アカウント情報>サーバー情報で確認することができます。

下の図はサーバのルート直下にwordpressディレクトリを作成しアップロードした状態です。

WordPressのインストール

アップロードしたURLにアクセスすると以下の画面が表示されます。必要情報を入力し、「WordPressをインストール」をクリックします。

  • サイトのタイトル :トップページに表示されます。
  • ユーザー名    :管理画面にログインするためのユーザー名となります。
  • パスワード    :管理画面にログインするためのパスワードとなります。
  • メールアドレス  :あらかじめメールアドレスを準備しておきましょう。

インストールが完了するとページが表示されるようになります。

管理画面にて、インストール済みプラグイン>SQLite Integrationを見てみました。有効化しなくともいいみたいです。

まとめ

意外と簡単な手順で、ロリポップエコノミープランでもワードプレスを利用することができました。この方法の最大のメリットはやはり、月100円でWordPressが利用できるというところではないでしょうか。デメリットとしては、試したわけではないですが、アクセスの多いサイトには向かない、正しく動作しないプラグインがあるところでしょう(導入には注意が必要ですね)。

検証などで試しにワードプレスを動かしてみたい、アクセスが少ないサイトでプランを変えたくない、スタンダードプランではオーバースペックという方であればこの方法を使っての運用は悪くないと思います。新規に契約を考えている方は、10日間お試しもありますので、やりたい事ができるかを確認してから申し込みもありですね。

あくまで自己責任でお試しあれ。


冒頭で、sqlite-integrationが配信停止となっているため、お勧めしない旨をかきましたが、下記リンクからまだダウンロードは可能です。

本家直リンク:https://downloads.wordpress.org/plugin/sqlite-integration.1.8.1.zip

GitHub(Code > DownloadZIPを選択):https://github.com/jumpstarter-io/wp-sqlite-integration

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


管理人

ころちゃん

木工で日用品を作ったり、懐中電灯を改造したりしてます。まだまだ素人ですがどうぞよろしく。

人気記事



sponsored link

アーカイブ